カラダ・食・マインドを整える Athlete-Food-Magazine

【アスリートフードマイスター紹介】細川奈穂子さん

資格を取ったけれど、ほかの人はどのように資格を活用しているのか、どんな活躍をしているのか知りたいと思いませんか。

日本各地で活躍するアスリートフードマイスターの皆さんですが、シーンはもちろん、アスリートとの関わり方も実にさまざま。これから資格をどう生かしたらよいか悩んでいる人も、実際に選手をサポートしているという人も、ほかの人の活躍を垣間見ることで、一歩を踏み出す勇気をもらったり、悩みを解消するヒントを得られたり、プラスになることがたくさんあるのではないでしょうか。

今回は、20年間管理栄養士として勤務した病院を退職後、フリーランスとして栄養指導を行うほか、様々なシーンで活躍の場を広げている細川奈穂子さん(アスリートフードマイスター2級)をご紹介します。


サポートしている選手と(東福岡高校ラグビー部所属)

細川奈穂子さん
プロフィール/管理栄養士 健康運動指導士 AFM2級 福岡県糖尿病療養指導士 貯筋運動指導者 笑いヨガリーダー、シナプソロジー指導員、全国ラジオ体操連盟公認2級ラジオ体操指導士

約20年総合病院、透析病院、クリニックの管理栄養士として勤務。2007年健康運動指導士取得後は、健康教室、ステップ運動教室、特定保健指導にもかかわる。機関誌への簡単クッキングレシピ提供10年実施。現在はフリーランスとして糖尿病専門クリニックでの栄養指導、料理教室、市町村、企業での特定保健指導、地域での貯筋運動教室や、ケアトランポリン教室、ステップ運動教室を担当。アスリートフードマイスターとして大学、高校の栄養サポートを行っている。フリーランスとして、食事、運動、笑い(休養)で子どもから大人までの健康をサポートしたいと日々活動中。

約20年間、病院の管理栄養士として食事の面から健康を支援してきました。
そんな中、息子が小学校へ入り野球を始めたのですが、ケガや故障を繰り返すようになり、小食ながらも何でも食べているのに体重が増えないという状況に。そうこうするうちに、自分同様に増量できずに悩んでいる親子もたくさんいることに気が付きました。

息子の増量支援は今しかない、最後の子育てを後悔しないようにと、2016年退職。
スポーツ栄養をいちから勉強しようとアスリートフードマイスターを取得し増量支援を開始。
2年半で息子の増量18㎏に成功し、キャッチャーとしてのパフォーマンスを上げることができました。アスリートフードマイスターコミュニティ九州山口の企画「増量食事術」で初登壇し、ケガなども含め色々な体験に基づいた指導を広められるよう活動し、現在に至ります。


Q アスリートフードマイスターとして活動していることは?

・アスリートフードマイスターコミュニティ九州山口役員
・西南学院大学硬式野球部 ラクロス部女子 陸上部 栄養サポートリーダー
・健康フェスタ「アクティブシニアになるための栄養学」のセミナー講師
・イオンモール佐賀 キッズお仕事体験「佐賀県野菜を使って給食を考えよう」
・ほか各種セミナー講師

「増量食事術」で初登壇

西南学院大学硬式野球部セミナー風景①

西南学院大学硬式野球部セミナー風景②

・福岡大学サッカー部栄養サポート 福岡大学サッカー部天皇杯福岡優勝!
・東福岡ラグビー部栄養サポート

Q 2級を取得して得たこと・役に立ったことは?

・高校球児の息子の増量に成功できたこと
・苦手だった生化学(代謝)が理解しやすくなったこと
・具体的なサポート方法を学び、学生アスリートをサポートできるようになったこと

Q アスリートフードマイスターとして最近失敗したことは?

睡眠時間を減らしてまで色んな事にのめりこみすぎて体調を崩したこと。
アスリートに食事、運動、休養の三角形が大切と話しているので、サポート側もしっかり実践し、健康でないとアスリートのサポートはできませんね・・・。

Q アスリートフードマイスターの活動の中で嬉しかったことは?

・自分のサポートしている選手のパフォーマンスが上がり試合に出て活躍できるようになったこと。またサポート選手が、けがを繰り返さないようになったこと
・いろんなアスリートフードマイスター仲間と一緒にいろんな学びができること

Q アスリートフードマイスターとして心掛けていることは?

・自分の食べている食事をSNSなどで発信することで、常に一緒に食事の大切さを考え、健康を意識すること
・個人サポートでは、選手の気持ちに共感し一緒に解決策を見つけること

Q これから取り組みたいこと・目標は?

・息子の体験からけがを予防するためにもジュニアの時期からスポーツ栄養の大切さを広めていきたい
・プロの選手を育てること

Q 好きな(応援している)アスリートと、その理由は?

大坂なおみ選手!
私も小学生から今もテニスを続けていてテニスの試合もよく観戦します。
大阪なおみ選手は技術だけでなく精神面の成長がほんと素晴らしく、最後まであきらめないプレーに元気をもらっています。今後オリンピックでの活躍も楽しみです。

Q あなたのGOOD FOR ATHLETE(アスリートにとっておすすめの品)は?

「魚の缶詰」

魚は栄養たっぷりでアスリートおすすめ食材ですが、一人暮らしの忙しい学生など、魚メニューを取りいれることが難しいので、常備できる魚缶をすすめています。
炒め物や煮物、ホイル焼き、サラダ、卵とじ、ごはんにのせて丼など簡単レシピと一緒に紹介していますし、私自身もかなり活用しています。

★細川奈穂子さんのことをもっと知りたい人は下記をチェック!
インスタグラム 細川奈穂子(@naoshun0718) • Instagram写真と動画

最新情報をチェックしよう!