注目の記事 PICK UP!

【アスリートフードマイスタ-活動報告】東京都教育委員会モデル事業「エンジョイスポーツプロジェクト」 ~高校生に朝食を食べてもらいたい!「GOOD HABIT」の勧め~

東京都教育庁委託事業「Enjoy Sports Project」に参加。モデル校へ訪問し、「朝食の重要性」を伝えるアスリートフードセミナーを実施致しました。


このプロジェクトの目的は、生徒の多様なニーズに応える運動機会の設定をし、健康に対する意識を高め生活習慣を改善することです。高校の体育授業で健康に関する指導(講演・講義)を各クラス1時間行います。

今回は、アスリートフードマイスター1級でアスリート妻の会メンバーでもある村田英理子さんと、アスリートフードマイスター2級で自らも現役ボディビルの競技者でもある生見アリスさんの2名に登壇していただきました。
校内に入ると、お2人とも「懐かしい~!」と、ご自身の高校生活を思い出されたようで感慨深いご様子でした。そんな中、現役高校生や体育教師の皆さんとのコミュニケーションを楽しみながら登壇。

事前アンケートから朝食を欠食している学生が多くいることに大変驚きましたが、講演に聞き入る生徒の皆さんの表情は真剣そのもの。女子生徒からは美容と食の関係など、男子生徒や先生型からはラーメンのチョイ足し食材や野菜を多く摂取する調理方法質問などが相次いで上がり、大いに盛り上がる授業となりました。

【都立田園調布高等学校 クリアボードを使用し、教室にて登壇】


【都立羽村高等学校  広い体育館で2クラス合同実施】
【上:ワークの様子】 
【上:美容と食について質問に来た生徒さん】


~モデル校の登壇を終えて~

■アスリートフードマイスター1級 村田英理子さん
学生の皆さんが頑張っていることを応援したい気持ちを込めて、「これならできるかも、やってみたい」と、学生自身に気づいてもらいやすいような内容にし、伝え方も工夫しました。久しぶりの対面講義で、反応を直に感じることができ、私自身もたくさんパワーをもらえました。ありがとうございます。
高校生の多くは食事の“作り手”ではないと思ったので、コンビニでの買い物のコツや、ご家庭でよくストックされている食材を使った具体例をたくさんお伝えすることを心がけました。
反応が素直なので、高校生は楽しいですね!
私もパワーもらえました。

 

■アスリートフードマイスター2級 生見アリスさん
自発的に参加する大人のセミナーと違い、まずは“興味を持ってもらう”ところからのスタートだったので、事前リサーチは大切だと感じました。
“好きな事を、睡眠と食事でパワーアップできる”これを重点に分かりやすく親しみやすく伝えることを心がけました
質問は、「コーンフレークでいいって本当に? チョコ味でも?」「ニキビにはどの栄養素食べたら良いんだっけ?」「お菓子って太るの?」など、女子高生らしい質問が多かったです(笑)。

今後もこのこのような活動を、さらに広げていきたいと思います!
資格取得者の皆さん!ぜひ地元の学校でご一緒に活動を広げませんか?

東京都立田園調布高等学校

東京都立羽村高等学校

 

関連記事

  1. 【オンラインセミナー開催】ジュニアアスリートのためのお弁当術(試合期編) 講師:元東北楽天イーグルス…

  2. アスリートフードサポート制度@法政大学体育会バスケットボール部 2020年幕開け

  3. [学生トップアスリート座談会] Vol.2「食事指導を実際に受けて!」

  4. 日本人初!KBL(韓国バスケットボールリーグ)に挑む!中村太地選手

  5. 【学生トップアスリート座談会】Vol.5 「チーム内で食トレ実践してみた!(後編)」by関西学院大学…

  6. アスリートフードサポート制度@明治大学 2019年秋冬~(vol.5)

  7. トップランナー・大迫傑選手の食事情 Vol.1

  8. アスリートフードで「元気の源」Energy アスリートフードマイスター1級・末岡 龍人さん「炊飯器料…

  9. 第1回アスリートフードマイスター・アワード 開催レポート!その②

人気記事

PAGE TOP