カラダ・食・マインドを整える Athlete-Food-Magazine

【アスリートフードマイスター紹介】大熊祥代さん

資格を取ったけれど、ほかの人はどのように資格を活用しているのか、どんな活躍をしているのか知りたいと思いませんか。

日本各地で活躍するアスリートフードマイスターの皆さんですが、シーンはもちろん、アスリートとの関わり方も実にさまざま。これから資格をどう生かしたらよいか悩んでいる人も、実際に選手をサポートしているという人も、ほかの人の活躍を垣間見ることで、一歩を踏み出す勇気をもらったり、悩みを解消するヒントを得られたり、プラスになることがたくさんあるのではないでしょうか。

今回ご紹介するアスリートフードマイスターは、幼い頃から ❝食べること・料理を作ること・作った料理を誰かに食べてもらうこと❞ が好きだったという大熊祥代さん(アスリートフードマイスター2級)。 ❝好き❞ が高じて管理栄養士の資格を取得し、現在も食に関する世界で幅広く活躍しています。


大熊祥代さん
プロフィール/アスリートフードマイスター2級 管理栄養士 調理師

小さい頃から、食べること・料理を作ること・作った料理を誰かに食べてもらうことが好きでした。
今思えば、アスリートフードマイスターの資格取得のきっかけは、中学・高校で所属していたバレーボール部に憧れの選手がいたことでしょうか。
高校では調理の専門校に進学したのですが、勉強をしていく中で栄養学の授業もあったことから、栄養について興味を持ち始めました。その後大学に進学し、管理栄養士を取得。
管理栄養士養成の大学に進学を決めた時からずっと、「憧れのバレーボール選手の食事をサポートできる人になりたい」と、胸に秘めていました。
大学卒業後は、老人福祉施設でご高齢の方の食事作りや栄養管理。学校給食では、成長期の子供たち給食の献立作りや食事指導を行っていました。
そんなある日、アスリートフードマイスターの3級講座の説明会に参加。取得された方のお話から、「やっぱり食事からスポーツを頑張っている方のサポートをしたい」と改めて思うようになりました。幸いにも九州・山口にアスリートフードマイスターのコミュニティがあるとのことでしたので、いろんな方とつながることができる上、自分自身も成長できるのではないかと思い、アスリートフードマイスターの資格取得を決意。
現在は、パーソナルトレーニングジムで会員様の食事のサポートを行っています。
もちろん、社会人になった今もバレーボールは続けています。

Q アスリートフードマイスターとして活動していることは?

大学アスリートの食事サポート
・久留米大学アメリカンフットボール部
・福岡大学サッカー部栄養サポート
・西南大学硬式野球部、陸上部、ラクロス部栄養サポート

久留米大学アメフト部(二部連)の昼食調理風景

高校球児や女性の方、企業様への栄養セミナー
うきは市青年会議所でのセミナー風景

現在のパーソナルトレーニングジムにて
・会員様に直接またはオンラインにて増量や減量
・健康維持の食事のサポート
出張料理代行


Q 2級を取得して得たこと・役に立ったことは?

2級では栄養素のことだけではなく、アスリートとのコミュニケーション(聞き取り・伝え方など)についてより実践的なことを学ぶことができました。
アスリートをサポートしていく中で、アスリートとのコミュニケーションが何よりも大切かもしれません。

 

Q アスリートフードマイスターとして最近失敗したことは?

サポートをしていたアスリートがケガをした時の声掛けに悩みました。
先輩のアスリートフードフードマイスターの方にアドバイスをいただきながら、
サポートをしていきました。
ケガをしたことは受け入れ、回復して活躍するまでに今後の食事の取り組みをどうするのか、できることを探し前を向いていくようにしました。

Q アスリートフードマイスターの活動の中で嬉しかったことは?

サポートをしている選手が試合で元気に活躍している姿を見た時は、本当にうれしかったですね。
選手自身の食事に対する意識と行動が変わり、体のことを考えながら食事をとるようになったことが活躍につながったのかな、と。疲れたときには豚肉を取り入れていたり、野菜や果物もサポート前より取り入れる頻度が多くなりました。

Q アスリートフードマイスターとして心掛けていることは?

しっかり対象者の話を聞くことですね。まずは受け入れることを心掛けています。アドバイス面では「こうするともっとよくなりますよ」という感じでお話しするようにしています。
大学生のサポートが多いので、いかに簡単に豊富な栄養素が取れるかということに加えて、おいしく食べてもらえる食事が提案できるか、日々試行錯誤しています。
基本は食事(食材)で補えるように、スーパーなどの商品をよく見るようにしています⦅1人でブツブツ言いながら見てしまっています(笑)⦆。

Q これから取り組みたいこと・目標は?

サポートしている選手がプロ選手になり活躍すること!

Q 好きな(応援している)アスリートと、その理由は?

大友愛さん(元バレーボール日本代表)
バレーボールをやっていたこともあり、高校時代から好きな選手です。
ブロードという移動しながらのスパイクが魅力的で試合で見るたびに歓喜していました⦅(Vリーグ(バレーボールのリーグです)も実際に観戦し、手紙を渡すほどでした(笑)⦆

Q あなたのGOOD FOR ATHLETE(アスリートにとっておすすめの品)は?

ごま
ごまには、アスリートに必要なビタミン(B群、E)、ミネラル(カルシウム、マグネシウム)が豊富です。
調理をする必要がなく、青菜の和え物・サラダ・炒め物などに加えるだけで栄養価がアップするので、必ず常備している食材のひとつです。
ごまをそのまま使うより、すりつぶして使うと消化が良くなり、栄養素の吸収も良くなります。

★大熊祥代さんのことをもっと知りたい人は下記をチェック!
インスタグラム 大熊祥代(@acegym_kuma) • Instagram写真と動画

 

最新情報をチェックしよう!