カラダ・食・マインドを整える Athlete-Food-Magazine

【アスリートフードマイスター紹介】メグローサ(MEGROSA)さん

資格を取ったけれど、ほかの人はどのように資格を活用しているのか、どんな活躍をしているのか知りたいと思いませんか。

日本各地で活躍するアスリートフードマイスターの皆さんですが、シーンはもちろん、アスリートとの関わり方も実にさまざま。これから資格をどう生かしたらよいか悩んでいる人も、実際に選手をサポートしているという人も、ほかの人の活躍を垣間見ることで、一歩を踏み出す勇気をもらったり、悩みを解消するヒントを得られたり、プラスになることがたくさんあるのではないでしょうか。

今回は、プロアイスホッケーチーム「 H・C栃木日光アイスバックス」のオフィシャルサポーティングガールズユニット「ICE GIRLSで」に所属し、チアとしてはもちろんディレクターとしても活動するほか、美・健康を追求するフィットネストレーナーを務めるなど、アクティブに活躍するメグローサ(MEGROSA)さん(アスリートフードマイスター3級)をご紹介します。


メグローサ(MEGROSA)さん
プロフィール/アスリートフードマイスター3級
セルジオ越後会長率いるプロアイスホッケーチーム「H・C栃木日光アイスバックス」のオフィシャルサポーティングガールズユニット「ICE GIRLSで」所属。氷上でスケートパフォーマンスやダンスなどで会場に華を添えています。ディレクターとして後進の教育・育成も。
ブレイクレティクスライセンス取得し、ブレイクレティクストレーナーとしても活動。 
テレビショッピング専門チャンネルの「QVC」で、フィットネス機器ゲスト商品アドバイザー、モデル出演。
女性として美しく、健康的なウェルネスライフを目指しています。


※アイスパフォーマンス風景
※ブレイクレティクス風景

 

Q アスリートフードマイスターの資格取得のきっかけは?

氷上の格闘技と言われるプロのアイスホッケーチームでのチア活動をして7年目。
きっかけは、アイスガールズとしての活動に加えて、HIIT THE BEAT by ブレイクレティクス(ファンクショナルトレーニング・HITトレーニング)のトレーナーとしての活動は、見た目以上に活動量が多く、エネルギー不足になってしまったことです。
独自の間違った食事摂取の仕方・コントロールでホルモンバランスが乱れてしまい、疲労が回復せず強いストレスになってしまったため、食から見直したいと考え受講を決意しました。
それぞれに特徴が違う競技であるからこそ、活動量や環境に見合った食事の取り方やメニューを知りたいと思いました。
寒いアイスリンクでの試合時の活動は、少しずつ体温が奪われて身体の芯まで冷えきってしまうことがほとんど。
体温を上げるために食事からできることや、即エネルギーになりパフォーマンスの質を向上させることがでるメニュー・食材はどんなものかを学びたいと思いました。                                                                        

Q アスリートフードマイスターとして活動していることは?

パフォーマンスの質を向上させるための献立や食べるタイミングなど、学んだことを後進の指導や育成に役立てています。
実際にアイスガールズのメンバーに食の改善を提案し実行してみたところ、コンディションが良くなりパフォーマンスが向上しました。
メンバーの健康への意識にも変化が見られました。

Q 資格を取得して得たこと・役に立ったことは?

・競技や環境によって適した食事が違うことが分かりました
・自分で上手く身体をコントロールして自己管理ができるようになりました
・食べるタイミングを改善しただけで持久力がついたことも
・「糖質を摂ると太る」というイメージが一転
・次の日に疲れを残さない食事の取り方が分かった

Q アスリートフードマイスターとして最近失敗したことは?

筋肉量をキープしながら減量したかったのですが、必要以上に炭水化物を抜いてしまい、代謝が落ちて減量しにくくリバウンドしやすくなってしまいました。
容姿や体重を気にするあまり必要なカロリーが取れず、自分でエネルギー制限をかけてしまったこと。

Q アスリートフードマイスターの活動の中でうれしかったことは?

食事への配慮が変わると、目に見えてパフォーマンスが変化することを感じました。
栄養素の種類や量を改善したことで、コンディショニングの良さを実感。振る舞い方や集中力にも変化が出てきたと思います。
アイスガールズのメンバーに指導・育成をする上で、自分の実体験があるからこその説得力が得られました。                                                                                       

Q アスリートフードマイスターとして心掛けていることは?

・指導する立場として、自分の体験談を加えてモチベーションを高める伝え方を実践するようにしている
・活動量が多い時には、食べやすく携帯しやすい捕食を摂るように気を付けている
・競技内容や環境によって食材選びをするよう考え、摂取のタイミングにも気を付けている

Q これから取り組みたいこと・目標は?

「アスリートフードマイスター」2級を取得し、トレーニー女性のためのフードメニューを考案したいと思っています。
トレーニングブームで運動を始める方が増え、炭水化物や糖質制限をしている女性が多いという話を多く耳にするようになりました。
自己流の糖質制限は絶対に良くないです。
私が経験したようにエネルギー不足になり、逆にリバウンドしやすい体質になってしまいます。
しっかり食生活を見直して、運動+健康的な正しい食事で、筋肉量を落とさず美しいボディーメイクをしてほしいと思います。
実体験を交えた情報発信やアドバイスをきるような存在になれるよう頑張ります!


メグローサ(MEGROSA)さんのことをもっと知りたい人は下記をチェック!
「H.C栃木日光アイスバックス」公式ホームページ

「ICE GIRLS」公式ホームページ

Instagram https://www.instagram.com/megrosa_official      

ブレイクレティクスInstagram https://www.instagram.com/hiitthebeat_japan

 

 



最新情報をチェックしよう!