注目の記事 PICK UP!

「カレー風味ハンバーグのライスボール」第1回 アスリートフードレシピコンテスト「テーマ補食」 応募作品

第1回 アスリートフードレシピコンテスト「テーマ補食」
応募作品「カレー風味ハンバーグのライスボール」

【おすすめポイント】(競技、年齢、タイミング、利便性など)
・10代息子が野球に行く時に持たせました
・一度に炭水化物、良質のたんぱく質(鶏肉と卵)をしっかりと摂取できます
・野球の練習の合間や移動中など、いつでもどこでも手軽に食べられるライスボール(ライスバーガー)です。※実際はラップに包むので、写真よりコンパクトになり、崩れることなく食べることができます
・油(脂肪)を極力控え、一度になるべく多くの栄養を摂取できるように工夫しました

【材料】 1人分 (1個)
・ごはん (お茶碗一杯分)
<カレー風味チキンハンバーグ>
・鶏ひき肉 (100g)
・たまねぎ (中1/4個)
・パン粉、おからパウダー(各大さじ2)
・調味料A(塩こしょう、カレーパウダー、にんにくすりおろし 各少々)
・卵 1/2個
・牛乳 大さじ1~2
・油 極少
<にんじん入り卵焼き>
・卵 1個
・にんじんすりおろし 大さじ1
・しょうゆ、みりん 少々
・油 極少
・キャベツ千切り 少々
・カニ風味かまぼこ 装飾用

【作り方】
・たまねぎは油であらかじめ柔らかくなるまで炒めておく
・ボウルにパン粉とおからパウダーを入れ牛乳に浸す
・卵、炒めたたまねぎと鶏ひき肉と調味料Aをボウルに入れ、全てを混ぜてハンバーグ型を作る
・両面をこんがりと焼く
・フライパンに油少しをひき、卵、すりおろしたにんじん、しょうゆ、みりんを混ぜ合わせたものを入れ、丸い形に卵を焼く(アルミホイルでハンバーグと同じ大きさで円を作って、卵を流し込むと作りやすい)
・ごはんは、円盤状に握っておいて、片面だけフライパンで少し焼いてこんがりさせておく
・下から、ごはん→卵焼き→キャベツ千切り→ハンバーグ→ごはんの順に重ねて、ボールの装飾をつけて出来上がり
※カレー風味チキンハンバーグは、たくさん作っておいて冷凍しておくと、野球の日の朝は時短で調理、ラクできます♪


レシピ考案者  老田よし枝 さん
【プロフィール】

アスリートフードマイスター1級
講座や講演活動の他、高校野球部の食サポート、ウェブマガジン「ベースボール北海道ストライク」のコラム執筆や自身のブログで情報を発信中。北海道スポーツ推進審議会委員。第1回アスリートフードマイスターアワード優秀賞受賞。


【コメント】
野球の練習に行く息子たちに、楽しく美味しく栄養補給ができ、移動中や忙しい時間にも手を汚さずに食べることができるライスバーガーを考えてみました。

関連記事

  1. 「貧血克服!れんこん豆乳プリン」第1回 アスリートフードレシピコンテスト「テーマ補食」 応募作品

  2. メキシコの豆のスープ『アスリートフード11(イレブン)』vol.6

  3. アスリートフードで「元気の源」Energy 関西学院大学体育会サッカー部 前田樹希選手「特製鶏ハム」…

  4. 【免疫UP】ビタミンカラーで鮮やかに!免疫力アップのおうちごはん

  5. 「SONODA SOBAKO ソノダソバコ」第1回アスリートフードマイスターレシピコンテスト 優秀賞…

  6. 【免疫UP】 鶏ひき肉を使った免疫力UP・カラダ回復レシピ

  7. 運動会応援企画 第1回 ☆体を守るお弁当☆

  8. アスリートフードマイスター 今江サチコさん 忙しい朝でも簡単ボリューム栄養満点弁当(2月)

    「忙しい朝でも簡単ボリューム栄養満点弁当」【連載企画】今江サチコさんの今月のアスリート弁当(2月)

  9. 運動会応援企画 第7回 ☆風邪予防と免疫力アップ☆

人気記事

PAGE TOP