注目の記事 PICK UP!

「疲労回復に!トマトと舞茸のガーリックポーク炒め」 /第2回アスリートフードレシピコンテスト優秀賞

第2回アスリートフードレシピコンテスト 優秀賞
「疲労回復に!トマトと舞茸のガーリックポーク炒め」
アスリートフードマイスター2級 二宮絵里子さん

【アスリートフードとしてのおすすめポイント】
トマトの酸味に含まれるクエン酸やビタミンC は疲労回復をサポートしてくれます。更にビタミンB1 とたんぱく質を多く含む豚もも肉と、一緒に摂ると効果的なアリシンを含むにんにくを合わせ、疲労回復を徹底的にサポート。舞茸は、食物繊維やカルシウムの吸収を助けるビタミンD、ビタミンB2 が豊富。主食にお米を合わせて糖質を、副菜にひじきの煮物などでカルシウムを摂取すると、更にバランスの良い食事になります。ご飯が進む醤油味なので、糖質も沢山摂れるおかずです。

【おすすめしたい対象アスリート】
激しいトレーニングや長時間の試合の後(マラソンなど)におすすめの1 品。
疲れている時でも、にんにくと舞茸の香りが食欲をそそります。
量の調整がしやすいおかずなので、幅広い年代のアスリートに食べていただきたいです。

【材料】 2人分
・トマト 大1個
・豚肉ももスライス 100g
・舞茸 100g
・にんにく 1 片
・万能ねぎ 適宜
・酒 大さじ1
・サラダ油 大さじ1
・しょうゆ 小さじ2
・塩 少々
・胡椒 少々

【作り方】
 豚肉を食べやすい大きさに切り、塩・胡椒をふる。トマトは一口大に切り、舞茸は食べやすい大きさに手で裂いておく。にんにくは薄くスライスし芽を取り除き、万能ねぎは小口切りにしておく
 フライパンにサラダ油を熱し、にんにくを弱火で程よいきつね色になるまでじっくり炒める。焦げると苦みが出るので焦がさないように気を付けながら、両面色が付きカリっとしてきたら一旦取り出す
 同じフライパンで豚肉を強火で炒める。焼き色が付いてきたら舞茸を加えざっと炒める。舞茸に油が回ったらトマトを加え、酒、醤油で味をつけ、ざっくり炒め合わせる
  皿に盛り付け、にんにくチップと万能ねぎを散らす

<備考>
トマトは生のままで食べられるので温まる程度でOK。火を通しすぎると煮崩れ、水分が出てビタミンC が流れ出てしまうので注意してください。

【審査員のコメント】
疲労回復と免疫アップまさにこのご時世にもぴったりなアスリートフード。食材・作り方ともに手軽なので作ってみたくなるレシピ、またニンニクの香りでご飯が進みそうです。

第2回アスリートフードマイスター レシピコンテスト概要
https://athlete-food.jp/contents/hp0040/index.php?CNo=40&No=36

関連記事

  1. アスリートに提供する食事の 衛生管理と大量調理について セミナー 2020年3月開催

  2. 【免疫UP】簡単和食で腸活!脳活!パワー復活!

  3. 【免疫UP】簡単&リーズナブルな食材で免疫力アップ料理を作る!

  4. 「お餅の入った卵焼き」第1回アスリートフードマイスターレシピコンテスト(テーマ:補食)最優秀賞

  5. ベルギーのリエージュ風サラダ『アスリートフード11(イレブン)』vol.8

  6. 運動会応援企画 第4回 ☆運動会当日のスタミナ弁当と補食☆

  7. 栄養価を上げておいしく活かす ~冷凍×アスリートフード~/冷凍王子によるセミナー開催

  8. アスリートフードプラン サービス開始の案内

  9. 「 米粉シフォンサンド」第1回 アスリートフードレシピコンテスト「テーマ補食」 入賞作品

人気記事

PAGE TOP